ステキハピネス論

アイマス怖い。楽しむために自らお金を捧げる、これが商売か・・・。「ケチがつくことなく楽しむためにはお金を払う」論をステキハピネス論と名付けます。

具体的に言います。1/7.8に初星演舞という待ちに待った765as単独ライブがあります。アイマスライブで何を楽しむかそれは曲です。そしてその曲には、その歌詞には背景があります。この背景をコミュという「アイドルとプロデューサーの近さ」を通して知ることができる、これこそがアイマスライブの魅力だとある人が言っていたのをみて、自分はすごく納得いきました。この単独ライブでも予習をして臨むことで一つ一つの曲に他のライブでは味わえないであろう思い入れをもって楽しむことができます。

この「思い入れ」というのが今回の核になるところ、恐ろしいところだと思います。

 

この思い入れについて僕が具体的に考えていることが、ofaのexエピソード。春香さんのexエピソードを買うとステキハピネスという曲とそれにまつわる物語、コミュを見ることができます。ですが、このコミュニコニコにただ無料で落ちています。このコミュをただで見る買わないでただで見るということは思い入れが低い、ライブを楽しむのにケチがつくのではないか・・・。また、ぼくは伊織のexエピソードだけは買おうと思っていました。しかし、伊織だけ買うとほかのやつと思い入れに差が出ます。例えばステキハピネスがライブで流れたときゼッタイこう後ろめたく思ってしまいます。「俺買ってない・・・」ここまでがステキハピネス論です。さらに簡単に、曲をtsutayaで借りていたら、思い入れは低いのでしょうか?

低い気がします。じゃあ全部cdを買わないとダメでしょうか?買っていないcdの曲がライブで流れたとき盛り上がってはいけないのだ。これも変だと思います。

 

 

僕は落としどころを見つけていきます。

 

ごはん落語

行く前はだるくて行きたくなかったが、行ってみるとほんとによかった。後輩の一人は特に真剣に落語に向き合っていて、なんであれ真剣に考えることの素晴らしさを感じるとともに自分を顧みてハッとしてしまいました。

また、後輩とごはんを食べに行くのも楽しかった。色々知ることができるし、何よりキチンんと会話ができます。

バイトはどうしよう。彼女ほしい。

グリマス終了

グリマスが今年サービスを終了します。自分はグリマスをやっていないのですが、twitterを見ていて、また自分で少し調べてみて浅はかながら生意気に自分の中でのグリマスそしてミリシタを考えてみました。今自分がミリシタ、そしてアイマスを続ける上で必要な気がします。グリマス終了に乗っかるのは飽き飽きだ、見当外れだ、何グリマスをやってないのに語ってるんだ・・・許してください。逆立ちしながら腕立て伏せします。教えていただけたらありがたいです、グリマスとは。

グリマスは出会いから武道館まで4年間の物語だったのかなと想像します。曲、コミュ、成長そしてライブをつなげるのがグリマスだったのかなと思います。

そして新しくミリシタが始まりました。違う世界線で、また出会いからスタートです。グリマスのアイドルもミリシタに登場します。しかし、同じアイドルのはずなのに出会いが違う、ふれあっても何かが違う、何を目指しているのかわからない・・・。武道館に立ったアイドルはミリシタにはいない。

自分は一応ミリシタはやっています。これまではアハハかわいいかわいいでやってましたが、今ミリシタをやってもこの娘たちは誰なのってなっちゃいます、グリマスをやっていないのに生意気に。

ですが、でもですよ、ミリシタに武道館に立ったアイドルは本当にいないんでしょうか・・・。

 

身近な人

弟が春の甲子園出場を決めた。そんな弟から一通の電話が、弟はベンチである。俺は頑張るぞという決意の電話だった。それを自分に言ってくれたことがうれしかった。長く長く電話をしたいと思った。情けない兄として、人として。すごい弟の兄はおれだと誇ってしまう。弟がすごくても自分はすごくない。弟が頑張る、自分が頑張る。

 

 

aランク yukiho

初めてのaランク、ほんとにギリギリでした。その分ほんとにうれしかった。しかし、ランクアップコミュに違和感。雪歩の男嫌いは克服しまくっていた。あまりコミュを見ることができなかった弊害がここに出てしまったのだ。そして、ドーム成功イベはもうぎゅってしましたよ、かわいかったですよそりゃ、でもね・・・感情移入できない。いつ雪歩は男嫌いを克服したの?俺が見逃してたのかな、それぞれのランクアップコミュでの成長を。ゲーマがの本には補完することも楽しみの一つと書いてはいたけども、あまりにも情報が足りない。もやもやっと終わってしまった初aランクでした。

 

松本幸奈さん

 今日僕は小倉A級ストリップ劇場に行ってきました。きっかけはタモリ倶楽部です。度肝を抜かれました。ダンス、刀の乱舞、衣装の扱い方・・・僕なんかが触れてはいけない芸術なのではなかろうかと感じました。パフォーマンスが終わったあとさっきとはうってかわって気さくな踊り子さんがニコニコと舞台脇から舞台に登ってくれました。踊り子さんは僕に「タッチ」を勧めてくれましたが、ものすごい勢いで申し訳ないくらい首を横に振ってしまいました。今ちょっぴり後悔していますがこれでよかったような気がします。

死んだのは私のほうだった      五匹の子豚「アガサ・クリスティー(山本やよい訳)」

 我慢させて我慢させて最後一気に推理をまくしたてていくスピード感、そして16年の過去を遡っていながらもはっきりと存在する心理から亡くなった二人の夫婦を描く鮮やかさに感動をおぼえました。心理について考えさせらる作品でした。